姿勢矯正やリハビリに

自分でできる姿勢矯正・介護予防・リハビリに

姿勢矯正

人間の背骨は腰から首まで全部で24個の脊柱が積み木の様に重なって成り立っています。
 これらは直線ではなく、ゆるやかなS字状カーブの
状態になっており、正しい姿勢=まっすぐではないのです。

「猫背」が典型的な悪い姿勢としてよく取り上げられますが、「猫背」以外にもお腹が出ている人、胸がつき出ている人なども姿勢矯正が必要です。
 崩れた姿勢のまま放置しておくと、ぽっこりお腹、ヒザが伸びないといったプロポーションの崩れだけでなく、
神経を圧迫して手足のしびれを引き起こしたり、慢性的な頭痛や腰痛に悩まされることになります。
一見関係ないように思えますが、息切れや胃腸虚弱、
便秘など内臓機能にまで影響が及ぶので、
定期的にルーシーダットンを続けることで肥満や生活習慣による身体の歪みや筋力バランスを整え正しい姿勢を取り戻しましょう!

介護予防、怪我のリハビリ

高齢化が進む現代の日本において60代、70代はもはや「お年寄り」とは言えないくらい、元気な方が大勢いらっしゃいます。
その反面、30代でも慢性的な運動不足やストレスによって40肩、50肩に悩まされたり、40代・50代の方でも階段を登るだけで息が切れる、何もないところでつまずいて転ぶなど年齢の割に体力が衰えていると感じている方が多いのではないでしょうか?
運動が苦手でジョギングやジムに通うのが無理なら週1回60分のルーシーダットンを始めてみませんか?
まずは身体の歪みを整え全身の筋力、特に足腰の力をつけていくことが、生涯自分の足でしっかり歩くためのアンチエイジング=介護予防につながります。
また、スポーツやバレエなどによるケガでリハビリ中の方、腰痛やぎっくり腰で運動制限がある方も、自分で強度を変えられるルーシーダットンなら、その日の体調や具合に合わせて運動できるから安心です。
整体やマッサージに通う前に、是非1度無料体験レッスンにお越し下さい。
無料体験はこちら>>>

葛飾ルーシーダットンサークル 無料体験はこちらから